雪庇落とし

雪庇とは、降り積もった雪が強風により風下側に向かって徐々に付着し、庇(ひさし)のように成長した状態の事。大きくなると、自重に負けて雪の塊が落下してしまい、車などの物損事故や窓ガラスの損害、通行人の人身事故、電線の切断などの原因になるため、早めの除去が必要となります。

危険な雪庇落とし作業

屋根に上りスコップや棒などで取り除くにしても落下事故や落雪事故の危険があり、女性やお年寄りはもちろん、高所作業に不慣れな男性にも大変な作業です。 雪害による死亡事故が発生しているわけですから、危険な作業の一つと言われています。特に一人でされる場合、雪庇が下に急落下した場合はとても危険です。当社では安全対策も念頭に、大事故がおこさせないために雪庇作業に関しまして、二人一組で対応させていただきます。

雪庇を見つけた際、早めの対策を

「放っておけばいつか落ちる」という考え方は確かにその通りですが、いつ・どこで・という点が重要です。下に誰かいる時、車が止まっている時、隣家の敷地内に、など、雪庇の落下で深刻なトラブルになることもあります。賠償問題で済むのであればいいのですが命にかかわることでしたら本当に危険ですので、早い対策が望ましいのであると同時に信頼できる除雪専用スタッフが必要ですよね。そんな時当社にお任せ下さい。

お得な情報

除雪料金がなんと、作業員1名1時間で2,500円~可能!! 便利屋を札幌市でお探しなら l 便利屋札幌Sapporo
ページのトップへ戻る