屋根の雪下ろし、雪庇落としについて


北海道、東北など豪雪地帯に住む人間の宿命として、屋根の雪下ろし作業があります。最近は雪を降ろさないで済む鉄骨・無落雪タイプの家も増えてきましたが、雪の重量がどれくらいあるかご存知ですか?

白くて軽そうに見える雪も、「1㎥あたり1トンの重量」があると言われています。
(※季節や気温によって変動しますが、ここでは1トンと定義します) 例えば、屋根の巾が30m×奥行が30m×積雪1mだとすると約900トンの重みが屋根にかかっていることになります。

いくら無落雪タイプとはいえ、これだけの重量がかかると建築物にいい影響があるとは思えませんよね?歪みがいずれは出てきます。

私も正直、こんなに重いとは思っていませんでした。また屋根に積もった雪が風の影響でどこか一か所に集中して溜まった場合、そこにかかる比重が大きくなり、屋根を破壊してしまうこともあります。 古い木造建築物などは、雪の重さで潰されてしまう恐れも十分にあり得ます。

潰れた時に自宅に場合は・・・恐ろしいことですが現実に昨年も事故が発生しています。 物置カーポート車庫なども同様です。近年は世界的にも異常気象が大量に発生しており、北海道でもいつ大雪、若しくは予想を上回るドカ雪がくるかわかりません。例年の記録が更新されることがたびたびあります。

観測史上初や、観測史上最高のというフレーズが聞きなれてしまうほどです。
こまめに雪下ろしをすることを推奨いたします。

お得な情報

除雪料金がなんと、作業員1名1時間で2,500円~可能!! 便利屋を札幌市でお探しなら l 便利屋札幌Sapporo
ページのトップへ戻る